工芸品的家つくり

椅子

椅子

椅子を作ってみました。

椅子は構造物として興味があり、いつか作って見たいと思っていました。
ホームページを検索したり、雑誌をみて造り方を勉強しましたが、
やっぱり、やってみるの一番手っ取り早い。

工作の本を参考にスツールをはじめて作成しました。
案外とうまくいったので、次にこども椅子を作ってみました。

 子ども椅子

(写真2)

最初に作ったこども椅子です。
3脚作りましたが1脚は知り合いにプレゼントしました。
座面と背がニレの木、足はぶな。
ニレは柔らかく、傷が付きやすい木ですが
子どもには優しい材料です。
あたたかくて、お尻が痛くならないんです。




シェーカー家具について
シェーカー家具とは、もともとイギリスから渡ってアメリカで発展したキリスト教団体であるシェーカー教団が自分たちの生活用品として自ら作り出したもので、装飾を抑え機能性を追及したものです。

画像の説明



ネットのキッド販売で購入したシェーカー椅子を組立ててみて、部材の単純共通化や、座面の納まりなど本当によく考えられていることがわかりました。
このシェーカ椅子はティーテラス槻に展示しています。



 シェーカーもどき

画像の説明 画像の説明

シェーカー椅子をもとにスツールを作成しました。
それをアレンジして肘掛と背もたれのある椅子にしました。
この椅子はすでに9脚作成して、4脚を販売、3脚はお店に置き
2脚を当事務所で使っています。

バーチ(ぶな)材とバーチの合板、アクリルテープの構成です。
日曜大工の延長で造り始めましたが、はまりそうです。


 販売した椅子

画像の説明

初めて販売した椅子です。
お客さんに多少のできの悪さを理解してもらい
材料費のみいただきました。

でも、嬉しさと、恥かしさと、寂しさの入り混じった
複雑な気持ちでした。


画像の説明


3脚の注文をいただき納品しました。





 こんなの造りました

画像の説明 画像の説明 画像の説明

画像の説明 画像の説明 画像の説明 画像の説明


a:2203 t:4 y:0

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional